素材_装着しても殆ど見えない裏側矯正

裏側矯正は目立たないって本当?特徴やメリット・デメリットをわかりやすく解説

最終更新日: 2021-08-28

「裏側矯正が全く目立たないって本当?」

「裏側矯正ってどんな人にオススメなの?」

裏側矯正のいろいろな疑問を、歯科医師の先生にお話を聞きながら解説します。

目立ちにくいことに加えて、裏側矯正の特徴や、メリット・デメリットも合わせて説明します。

裏側矯正ってどんな矯正?

素材_疑問

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

裏側矯正というのは、どんな矯正ですか?

ドクター )
歯科医師

矯正には大きく、ワイヤーを使う矯正と、マウスピースを使う矯正の2種類があります。

「裏側矯正」と呼ばれるのは、ワイヤー矯正の一種で、その中でも歯の裏側に器具を取りつけるタイプの矯正方法です。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

歯の裏側につけるから裏側矯正なんですね。

ドクター )
歯科医師

他にも
- 舌側矯正
- リンガル矯正 (リンガルは英語で「舌の」という意味)

と呼んだりしますが、どれも同じ治療です。

歯科業界では、歯の裏側のことを舌側と呼ぶのでこういった名前がついています。

裏側矯正のメリット(利点)は?

素材_嬉しそうな女性

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

どんなメリットがありますか?

ドクター )
歯科医師

一番わかりやすいメリットは、普段の生活の中で装置が見えないことです。

周りの人から全く見えずほとんど気づかれません。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

それは嬉しいですね!

ドクター )
歯科医師

マウスピースも目立ちませんが、裏側矯正はさらに目立ちにくいと思います。

それに、マウスピースと違って食事中に外す必要がないので、食事のストレスが少ないのもメリットです。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

確かに、マウスピースは食事のとき外さないといけないので、外食時は面倒ですよね。

ドクター )
歯科医師

他にも、

- 裏側は唾液が出やすいので、虫歯のリスクが相対的に低い
- 後ろ側から引っ張るので、出っ歯の後退をさせやすい
- 舌癖の改善が期待できる
- スポーツ時に顔にボールなどがあたってもリスクが少ない

というメリットがあります。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

舌癖の改善」というのはなんですか?

ドクター )
歯科医師

出っ歯やすきっ歯の原因の一つとして、舌で歯を押し出してしまう癖があります。

矯正でキレイになっても、その癖が治らないとまた出っ歯になるリスクが高まります。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

それはもったいない💦

ドクター )
歯科医師

裏側矯正だと、歯の裏側に装置があるので、歯を押し出す癖がやりづらくなります。

そのため、癖が治りやすいんですね。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

そんな効果もあるんですね!

裏側矯正のデメリット(欠点)は?

素材_悩む

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

逆にデメリットは何ですか?

ドクター )
歯科医師

一番良く言われるのが値段が高いということです。

上下で全体矯正を裏側でおこなうと相場は120万円くらい

目立ちやすい上の歯だけ裏側、下の歯は表側でも100万円はしますね。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

表側の全体矯正で70~90万円くらいが多いので、たしかに高めですね。

ドクター )
歯科医師

あとは、最初のうちは喋りづらさを感じる方が多いです。

少し滑舌が悪くなるイメージですね。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

そうなんですね!

ドクター )
歯科医師

ただこれは、2週間ほどで、遅くとも1ヶ月ほどで慣れる方が殆どで、慣れてしまえばそんなに気になりません。

裏側矯正はなぜ高いのか?

素材_舌側矯正

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

裏側矯正はそもそも、なんで高いのですか?

ドクター )
歯科医師

高い技術力が必要なことが理由の一つです。

歯の裏側はデコボコしており、複雑です。

その裏側に力をかけて、矯正していくには長期間の訓練が必要です。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

なるほど〜、技術を習得するまでも大変なんですね!

ドクター )
歯科医師

はい!

- マウスピースの大きな魅力である「目立たなさ」
- ワイヤー矯正の「精密さ」
の両方をあわせ持った矯正方法なので、人気もあり高い料金になっています。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

なるほど!

ドクター )
歯科医師

さらに、裏側矯正を実施する多くの医院では「インダイレクトボンディング」という手間のかかる方法を使っています。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

インダイレクトボンディング?

ドクター )
歯科医師

普通の表側矯正では、一つ一つ歯に装置をつけていく「ダイレクトボンディング」を行います。

一方で「インダイレクトボンディング」は、患者さんの歯の型をとって模型にした上で、患者さんの歯に一気につけます。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

なるほど〜

ドクター )
歯科医師

こういった手間も含めて、料金が高くなりがちですね。

ハーフリンガルとは

素材_患者に説明する歯科医師

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

少しお話にも出ましたが、ハーフリンガルとは何でしょうか?

ドクター )
歯科医師

はい、お口の上半分は裏側矯正で、下半分を表側矯正で行うことです。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

なるほど、半分だけ裏側なので「ハーフ」リンガルなんですね。

ドクター )
歯科医師

はい、鏡の前で笑ってみるとわかりますが、周りの人には基本的に上の歯しか見えません。

この見えやすい部分だけ裏側で矯正し、見えづらい下側は表側で矯正することで料金を下げるおいしいところどりの方法です。

よくある質問

素材_質問

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

よくある質問をさせてください。

治療期間が長くなるというのは本当ですか?

ドクター )
歯科医師

裏側だから治療期間が長くなるということは、個人的には殆どないと思います。

ただ、さきほど説明したインダイレクトボンディングを利用するなどで、治療開始までにかかる期間が数週間伸びる可能性はあります。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

表側よりもキレイになりづらい、ということはありますか?

ドクター )
歯科医師

いえ、表側と同じ精度の仕上がりを提供できると思います。

マウスピース矯正とは違い、抜歯しているようなケースでも問題ありません。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

前歯だけの裏側矯正もできますか?

ドクター )
歯科医師

部分矯正のような形もできます。
その場合の料金は、お口の状況にもよりますが40-60万円くらいです。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

矯正治療中に食べてはいけないものはありますか?

ドクター )
歯科医師

表側矯正と同じで、ガムやお餅などひっつきやすいものは避けたほうがいいでしょう。

また、りんごなど硬いものをかじると装置が外れてしまう可能性があるので、小さく切って食べるようにしましょう。

どんな人にオススメか

素材_接客

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

裏側矯正は、どんな人にオススメでしょうか?

ドクター )
歯科医師

営業・接客などのお仕事をされていて、目立たない形で矯正をしたい方には特におすすめです。

マウスピース矯正も目立たない矯正ですが、

  • マウスピースでは実施できない症例にも対応できる
  • 食事中に取り外す必要がなく、外食が多い方も安心

という点が勝っています。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

なるほど!

ドクター )
歯科医師

逆に目立ってもいいから、できるだけ安く矯正をしたいという方にはあまりオススメの方法ではありません。

この記事のまとめ

  • 裏側矯正はワイヤー矯正の一種
  • 裏側矯正のメリットは、他人から気づかれにくい、食事中に外す必要がないこと
  • デメリットは、少し値段が高いこと
  • 営業や接客などを普段されていて、目立たない矯正をしたい方には特におすすめ✨

監修した先生からのコメント

スマイルさくらい矯正歯科 櫻井先生

歯科医師_櫻井雄太

櫻井先生

裏側矯正は、矯正を行っていることが見えず、マウスピース矯正では対応できない症例も対応できます。

またマウスピース矯正との違いとしては、つけたり外したりする必要がないので、歯が動きやすいです。

ワイヤー矯正の緻密さと、目立たなさのいいとこ取りをした矯正方法なので、ワイヤーが目立つことに躊躇していた方も、是非一度ご検討ください。

最後に

いかがだったでしょうか?

裏側矯正は目立ちづらく、様々な矯正にも対応できます。

ハーウェルでは、裏側矯正もふくめてご希望に沿ったピッタリの医院を無料でご紹介します。

利用料は無料なのでぜひご利用ください!

※ 現在は以下の地域のみ対応しています
・東京、神奈川、埼玉
・大阪