素材_後悔している人

歯列矯正で失敗?!よくある失敗例と後悔しない医院の選び方

最終更新日: 2021-07-11

「矯正はどこでやっても一緒でしょ?」
「矯正するなら一番安いところが良い」

そう考えている人は要注意!
実は矯正で失敗することもあるんです。

今回は、矯正でよくある失敗とその対策方法をまとめてみました。

この記事のまとめ

  • 矯正医院・方法をしっかり選ばないと矯正は失敗することも
  • よくある失敗は、「思ったとおりに歯が動かない」「虫歯になる」「歯ぐきが下がる」「後戻りする」
  • しっかりと要望を伝えた上で、治療計画・過去の症例・疑問点にちゃんと回答してくれる先生を選ぼう
  • ハーウェルでピッタリの医院を選んで、後悔しない矯正を!✨✨

本当は怖い矯正の失敗

矯正は慎重に選ばないと

  • 思った通りの仕上がりにならない
  • 矯正中に虫歯になったり、歯ぐきが下がる
  • 矯正後にすぐ後戻りする

といった失敗をすることがあります。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

「矯正はどこでやっても一緒」
「一番安いクリニックでやりたい」

という声を聞くことがあります。

本当のところはどうなんでしょう?

ドクター )
歯科医師

そう思ってる人は多いですよね。

でも矯正医院をしっかり選ばないと、矯正は失敗してしまうことがあります。

実際に、矯正に失敗した患者さんが毎年クリニックに相談に来られますよ。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

ええっ! どんな失敗があるんですか?😱

ドクター )
歯科医師

矯正の失敗にはいろいろなパターンがあります。

よくあるのが、思ったとおりに歯が動かなかったとか、出っ歯になってしまったというものです

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

出っ歯になることもあるんですか?

矯正して出っ歯になったら意味ないですよね!?

ドクター )
歯科医師

本当ですよね。
矯正の仕上がり以外でも

  • 虫歯・歯周病になる
  • 歯ぐきが下がってしまう
  • 矯正のあと、すぐに歯並びが戻る

といったものがあります。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

せっかく矯正したのに、元にもどるのはイヤですね…

失敗しない方法はないんでしょうか?

ドクター )
歯科医師

安心してください!

ちゃんと準備すれば失敗する確率をうんと下げられます。

詳しくご説明しますね。

仕上がりの失敗の原因と対策

fukugyo206140034 TP V4
仕上がりについて生じる、主な失敗は以下のとおりです。

  • 気になる部分が改善しなかった
  • 正中線(上下の歯の中心)がそろわない
  • かみ合わせが悪くなった
  • 出っ歯になってしまった

こうなってしまう理由は、大きく
1. 医師と患者間のコミュニケーション不足
2. 治療計画が不十分

の二つがあります。

1. 医師と患者さんとのコミュニケーション不足

患者さんが気になっている部分と、医師が治そうと思っている部分がすれ違うことがあります。

医師の説明不足や、患者さんが気になる部分を医師に伝えられなかったりといったコミュニケーション不足が原因で、治療がうまくいかない場合があります。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

コミュニケーション不足は思い当たるなー💦

なんか先生が忙しそうで、こんなこと質問していいのかなって迷っちゃうんですよね。

ドクター )
歯科医師

それは先生に問題がありますね...

先生たちはみんな、患者さんが満足できる矯正を提供したいと考えています。

だから患者さんから、気になるポイントやよくわからない部分について積極的に質問してもらえれば、先生も喜ぶと思いますよ。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

そうなんですね。つぎは思い切っていろいろ聞いてみます!

ドクター )
歯科医師

逆に、質問をしたときにすぐ嫌な顔をする先生は避けたほうがいいでしょうね。

素材_患者に説明する歯科医師

2. 治療計画が不十分

間違った治療計画を医師が立ててしまうことも、失敗の原因の一つです。

良い治療には、しっかりとしたゴール設定と、ムリのない治療計画がかかせません。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

矯正にも治療の計画があるんですね。

ドクター )
歯科医師

そうですね。

最初の治療方針や計画を決めるところがとても大事です。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

具体的にはどんなことを検討するんですか?

ドクター )
歯科医師

例えば、歯と顎の骨バランスをみて、このまま矯正を進めて出っ歯になったりしないか、どういう順番で治療を進めていけばいいか、といったことを考えます

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

治療開始前から、このまま矯正するとどうなりそうかが予測できるんですね。

ドクター )
歯科医師

その通りです。

ただ歯科医師の腕が未熟だったりすると、それがうまくできません。

矯正をはじめるまえに、信頼できる先生かをチェックするようにしましょう。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

どうしたら信頼できそうかをチェクできますか?

ドクター )
歯科医師

しっかり治療計画の中身を聞いたり、過去の症例を見せてもらったり、質問にしっかり答えてくれるかを確認してみると良いと思いますよ。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

やってみます!

ドクター )
歯科医師

また、一部の歯科医院ではセファロという矯正歯科用の特別なレントゲンを置いています。

セファロで撮ったレントゲンをベースに、治療計画を立てる方が良いと思います。

素材_スキャナを使った矯正の説明

治療中に生じる問題の原因と対策

YUKI150321020I9A4395 TP V4
矯正治療中に以下の問題が生じる可能性があります。

  • 虫歯・歯周病になってしまった
  • 歯ぐきが下がってしまった

虫歯・歯周病になってしまった

矯正中は虫歯や歯周病になりやすいことを覚えておきましょう。

これは主にセルフケアをしっかりすることで回避・軽減が望めます。

ドクター )
歯科医師

虫歯や歯周病は、しっかり歯ブラシやデンタルフロスをしたり、定期的に歯科医院のメンテナンスに行くことで予防できます

特にワイヤーで歯の間を連結するワイヤー矯正は、虫歯・歯周病にかかるリスクが高まります

矯正方法を選ぶときの参考にしてみてください。

歯ぐきが下がってしまった

矯正で歯ぐきが下がるのは、場合によっては避けられない可能性があります。

ドクター )
歯科医師

歯が重なったまま長い時間がたつと、一定の割合でその部分の歯ぐきが下がってしまい目立つようになります。

歯の表面を削るなどで形を整え、目立ちづらくすることもできるので、歯科医師の先生に相談してみましょう

治療後に生じる問題の原因と対策

sora458A5642 TP V4

治療後に生じる問題として、

  • 矯正自体はうまくいったが、すぐに元に戻ってしまった

というものがあります。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

せっかく高いお金と長い時間をかけて矯正したのに、元に戻ったらもったいないですね。

ドクター )
歯科医師

そうですね。

後戻りの一番多い理由は、保定装置(ほていそうち)をちゃんとつけなかった、というものです。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

保定装置って、矯正が終わった後にもらうマウスピースみたいなものですよね。

ドクター )
歯科医師

そうです。

マウスピース以外にもいくつかタイプがあります。

手に持ったマウスピース

ドクター )
歯科医師

意外と知らないひとも多いのですが、矯正治療後は歯が元の位置に戻ろうとするため、ほっておくと自然と後戻りが発生します

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

え、そうなんですか?

ドクター )
歯科医師

ある意味では無理やり歯を動かしているので、歯は自然に元の場所に戻ろうとするんですね

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

知らなかった...

ドクター )
歯科医師

それをもとの位置にとどめるのが保定装置と呼ばれるものです。

リテーナーと呼ばれることもありますが、同じものです。

よくあるのはマウスピースを装着するというものです。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

保定装置はどのくらいの期間着けておくんでしょうか?

ドクター )
歯科医師

最低限、矯正をしていた期間は着けておくようにと言われています。

できればその後もずっとつけておいたほうが安心です。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

ずっと…!
矯正って、綺麗になったら終わりじゃないんですね💦

ドクター )
歯科医師

半年くらい経てば、つけるのは寝ている間だけでよくなったりします。
ちゃんと着けていれば痛みもないので、できれば着けていることをオススメしますよ。

綺麗になった歯並びをキープするためにも、保定装置は使ったほうがいい です。

harwell編集部_傾聴
ハーウェル編集部

たしかに…__せっかく時間とお金をかけて矯正したのに、保定装置をサボって戻ってしまうのはもったい__ですよね。

綺麗な歯並びを維持するために、ぜひ保定装置を使いたいですね!

最後に

PASONAZ160306150I9A1901 TP V4
矯正でよくある失敗の原因と対策についてまとめてみました。

失敗は怖いですが、しっかりと医院と治療を選ぶことで、失敗の多くは回避できます

ハーウェルではご希望や口コミに沿って、あなたにピッタリの医院を探すお手伝いをしています。
利用料は無料なのでぜひご利用ください!

※ 現在は以下の地域のみ対応しています
・東京、神奈川、埼玉
・大阪

監修した先生たちからのコメント

「矯正治療をしたいけど、どこのクリニックがいいのかわからない」ということはよく耳にします。実際クリニックにいらっしゃる患者様は数件のクリニックでご相談を受けていたりします。
クリニックを選ぶ際には矯正治療前に治療方法、費用や期間、リスク等の説明をしっかりしてくれることが重要です。
また、最初だけでなく、矯正治療の途中でも疑問があれば答えてくれるコミュニケーションがとれるような先生であれば矯正治療の失敗のリスクは軽減できます。

歯科医師_北上尾歯科_大石先生

北上尾歯科
大石先生

矯正治療には見た目(審美)と噛み合わせ(機能)の二つの目的があります。

見た目を気にして矯正治療を始める患者さんは多くいますが、見た目ばかりを優先してしまうと将来的に後悔する結果になることは少なくありません。

歯は髪の毛やネイルと違って二度と生えてきません。一瞬の見た目だけにこだわらず、長期的な審美と機能を考えた治療法を選択することをお勧めします。

歯科医院を選ぶ上で、先生の技術ももちろんですが、それと同じくらい先生との相性が重要です。

説明がわかりやすいか、質問に答えてくれるか、自分の考えを汲み取ってくれるか、など実際に話をした上で決めていただくといいと思います。